読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポッピンQ、残念だが満足した。なぜだか考えてみた。

ポッピンQ、見たんですよ。なんとなく。

宣伝みてもどういうアニメなのかまったくわからないけど、宣伝だけはやたら見たし、それなのに全然バズってないので、このネット時代にアレだけ宣伝した映画の話題がTLでなにも情報が流れてこないなんて、ますます興味が出たし、平日の夜にフラッと寄って見られるタイミング、なにより空いてたし。

rebuild-life.hatenablog.jp

もう、ホントこのエントリのいう通り。ぐうの音も出ないほどポッピンQの残念さを書き出している。

しかし、僕はコレ、とても満足したんです。

なんで満足できたんだろう。

 

1.とにかく遠慮なくかわいい

基本コンセプトとして「プリキュアのED CGダンスを存分に本編に使ってなにか作りたい」みたいなのがあったのだと思うんです。

そしてプリキュアと違うのは「デザイナーが今かわいいと思う絵柄を遠慮なしに出している」ということ。プリキュアはあんまりストレートに流行のかわいいを追求してしまうと、母親層に引かれてしまうおそれがあるため、どうしても若干「あえて流行の萌え外し」をやらないといけない事情があるのに対し、ポッピンQはそれがない。なので存分にかわいいをストレートに楽しめる。プリキュアの外し感が狙われすぎてなくて良いというのもわかるけど、プリパラとかサンリオ系の絵柄は遠慮なしなんでダメってことでもないはず(笑)


2.どうせわかりきった話ならダイジェストで良い。かわいい見せ場を存分にだしてくれればいい。

尺としては1クールぐらいだとキレイにスパッと入るボリューム感。各キャラクターはいわゆるテンプレなんだけど、テンプレだけに、仲良くなる過程とか、回想とか存分に入れて掘り下げたところで「はいはい、またいつのもアレね、展開読めるよ、ああやっぱりね」ってなるのが、ダイジェストなのでポンポン進む。

プリキュアだってテンプレ萌えアニメだってたしかに良いシーンはあるとは思うけど、それを見たいがためだけにわかりきったストーリーで一年とか一クールも付き合って見てられねーよ、ってところを説明係がスッと飛ばしてくれるので見たいところだけ見せてくれる感じ。悪く言えば雑、良く言えば「雑でもわかるでしょアンタラほんとうにそんなのチンタラ長くやってそれ見たい?」ぐらいには見るターゲットを信用してる。

 

3.つまりはできの良いストーリー付きライブビデオ(もしくはアイドルビデオ)

ダンスやライブ本番の前にストーリーが合ったほうがのめり込めるじゃないですか。僕は曲だけ聞いて音楽にのめり込めるタイプじゃないし、かといって学芸会だと大抵はそっちがタルすぎて見てられないのだけれど、ポッピンQはそこはソツがない。ストーリーはご都合的とは言えハイクオリティでポンポン進むし、だからダンスも楽しめるという、まことダンスのためだけにちょうどいい尺(≒退屈せず、盛り上げる程度にはキャラを理解できる)で各キャラクターのバックグラウンドストーリーと、さらに舞台も用意しました、というのがポッピンQ。

アイドルとかだとみんながあれこれそれまでのストーリーを膨らませて、今歌って踊っているところに重ねられるからライブで感動するとかあるけど、そのバックグラウンドもアイドルの名前もまったく知らない一見さんが歌とダンスだけみても、常連やファンが何に感動しているのかさっぱりわからないってところを、1本の映画にすることで見事に回避している、というところ。

 

1クールでも長い、バックグラウンドを調べるのも面倒、デビューから追いかけて体験に時間がかかるのも面倒、でも、かわいい女の子が歌って踊るのはスパッとみてのめり込みたいんだ、って層には刺さるだろう。いや実際刺さった。これぐらいのボリューム感、とってもラクに満足できた。

プリキュアだったら一年かかってようやく得られる満足感に本編と直接関係ないEDダンスになるところを、コミコミオールミックスでまとめて2時間で楽しめる。ポッピンQはそういう作品だと感じました。 

 

※追記

足りない部分がすごくあるのは、元エントリの方の言うとおりでして、おそらく企画の段階ではあったのではないかという推測もありますが、そこをあえて【誰も知らない見せる前からダイジェストにして1本の映画にしてしまう】というのが意図的なのか結果的にそうなったのかはわかりませんが、それが「アリ」だったな、というのが感想です。しかしそれが「成功要素」「広くウケる手法」かどうか、という点については興行結果が物語っているんじゃないかと。

また、「足りない部分を足せば(1クールぐらいあれば)名作になり得たか?」については、なんともいえないです。よく出来てるけど退屈な話になったかもしれないし、OVAや劇場のTVシリーズ化は過去にも例があるので、「できてみないとわからない」としか。

プリパラ、ぐらい頭のネジが飛んでいればよかったのだけれど、プリキュアの文法で作ってしまったことが無理が出たのだろうか。楽しみ方としてはプリパラに近いのに、流れとしては真面目なプリキュアになってしまったゆえの歪。

マイナンバー 扱わなければ罰則なし。今のところは。

moriyama-law.cocolog-nifty.com

以前にも書いた気がするが、マイナンバーは扱いが難しい。なので「集めても個人と紐付けて保管しない。本人情報と番号のヒモ付作業は役所にやらせよ。番号と個人情報(氏名年齢住所生年月日など)は互いに参照不可で保管して提出せよ。」というのが理想だと言っていたが、もっと極端な結論が出ていた格好だ。

番号だけが漏れても、番号だけならそれがだれか全部から検索参照できるのは役所だけだ。なので実害が少ない。

が、最初から扱わない、がOKとなれば、それが一番だ。

が、いつまで続くかはわからない。で、とりあえず「集めることは集めたが、それが誰かは役所さん検索して別に提出する書類とのヒモ付はやってね。」というのが第二弾だ。

ガリ版を知らない世代が、知らない世代にインタビューして改革に乗り出しているところでチグハグ感がある

www.atmarkit.co.jp

 

そもそもなんで、役所は方眼紙に書類を書きたがるのか?

 

そりゃ、ガリ版時代には、方眼紙に下書きを書いていたからだよ。それを鉄筆で書いて印刷して配布。それが書類。

10-48.net ガリ版とはこういうもの

なので、まだインターネッツなるものがないぐらいで、「パソコンで書類を作りなさい」となったとき、本来想定されていたのはワープロソフトだったのだが、ワードの使いづらさ…というか日本的文章の作成との相性は良くなかった。なんせ原型がタイプライターなんだ。改行ひとつとってもキャリッジリターンとラインフィードの違いなんて日本語にはない。一行空けるか空けないかだけだ。スペルチェックもない。

が、それを理解できない人が大半だ。紙は不足すれば足せばいいのだ、という考え方からまず理解できない。どうしても学級通信みたいな文書や、枠を作ってからおさめるという文書イメージの思考ルーチンから抜け出せない。まあ「パソコンで作りなさい」と言った人からして理解してないから、書類のスタイルを根本的に変える必要があるなんてことにはまったく思いもしなかっただろう。

で、もれなくオマケで付いてきたエクセルを見た時に表計算という概念が理解できないジジババでも「お、これガリ版用の方眼紙みたいなじゃないか、これで外に枠をつければ枠がつくれるのか。中に文章も入れられるし、方眼の目を細かくすればピタッとそろえた書類が書けるしこれいいじゃないか」となったのは想像に難くない、というかそうだったよ(笑)

これがエクセル方眼紙の始まりだ。

そこから理解しないとこの問題は解決できない。書類とはこうタイプライターのようにシンプルに書いたので結構です、1ページにおさめようとしなくても結構です。なのでそのようにしてください、というところを意識改革しないと。

 

アメリカの書類とか見ると、ワードで書きやすい。なぜかって、ワードはタイプライターが原型にあるソフトで、向こうの公文書はワープロが普及する前からタイプライターで打たれていたからだ。そもそもHTMLタグだって、タイプライターの書式を記号化したものだよ。例えばこういう感じ。

http://www.soranokai.jp/images/ph_08-2-NSAM-354.gif

すげえワードっぽいだろ?

 つまり、書類ってのはこういう感じでいいんだ、枠かくな!枠!

ここから教育しないといけない。残念ながら学校教育がこうなっていないので期待できない。

 

さらに、改革に乗り出している議員がそこに言及しないということは、それを知らない世代なんだろう。なので、うまくルーツにある意識にたどり着けておらず、うまくいかないだろう。

 

はてブニュース と はてなブックマークニュース

はてなブックマークをつかったニュースサイトといえば、「はてブニュース」が好きだ。いつごろからやっているのか忘れたが、はてな本家がはてなブックマークニュースを始めるよりずっと先だったと思う。

特にこったアルゴリズムではないと思う。定期的にクロールして、5ブックマークついたらリストに追加。実にシンプルだ。ここにはブックマーク数で上位になったりする要素はない。ただひたすら「一定数のブクマがあれば扱う」というシンプルな原理のみがある。

しかし、それゆえに本家よりもずっとニュースの深度がある。「流れる」ことはあっても「埋もれる」ことがないからだ。

しかし、クロールのタイミングで順位は変わらないがブックマーク数表示だけは更新される。10個を超えると赤が濃くなる。「上にこない」だけで「注目度はわかる」のだ。実に優れた仕組みだと思う。つまり、5ブクマで価値ありとし、10ブクマ以上は「たくさん」だ。これで十二分にキュレーションとして機能している。

本家がこれをマネしないのは、なぜなのか。リスペクトか?

スマホの解像度も上がり、このデザインでもほとんど問題がない。

はてブニュース

f:id:crode:20161216170615j:plain

 

 

 本家。スマホを意識しすぎているのかPCブラウザでみると雑に感じる。薄い。ああ、PCブラウザはターゲット外なのか。 しかしスマホも解像度が上がった今、ただクリックスだけのサイトでPCと差別化する意味があるのだろうか。

b.hatena.ne.jp

○○が(に)推薦する××系の記事は、趣味の確認。

blog.mshimfujin.net

この中で、3/10本見ていて、どれも好きな映画だった。狂気の映画という意識がなかったので「そうか、オレは狂気好きだったのか」と自覚させてくれた記事だった(笑)

 

むかしはヨカッタ系の記事は、旅立つ時が来た証。

nectaris.hatenablog.com

 

こういう記事を見ると、いつもこの歌を思い出す…

 

www.youtube.com

 

www.kasi-time.com

わが青春のアルカディア

 

良い時はずっとは続かない。

それだけわかればいいのだ。

 

故郷(地球)に嫌気がさして一隻の船で旅立ちながら、故郷を守り続けたハーロックのように…

アルカディアは小さな世界の中にしか無いのだ…

いつかなくした夢が ここにだけ生きてる…

カジノを新たに作るより、国際空港内にパチンコ店+αの現金賭場を作ったほうがよいのではないか?

www.yamiblog.net

カジノのために日本に来る人ってあんまり居ない気がするね。ラスベガスやマカオ並の知名度まで上がるとは思えない。

日本にはあるじゃないですか。ちょっとした暇つぶしの代名詞「パチンコ・スロット」が!あれはギャンブルじゃないって?そんなの建前だってことはみんな知ってます。警察が「あれはギャンブルじゃありません」って言うから仕方なく黙ってるだけです。

カジノ解禁したいなら、その法案で「国際空港のゲート内のみパチンコ・スロットの現金ギャンブルを許可する」にすればいいんですよ。ターゲットは外国人観光客。

日本はまだまだ現金文化。あまった小銭を両替で戻すぐらいなら一発逆転で旅費取り戻しませんか?うまくいけば大儲け。スッっても旅の思い出。

のめり込んで飛行機乗り逃しても日本は損しない。ホテルが儲かるだけ。

空港ゲート内に限るメリット…もともと存在する入場の厳密な管理、セキュリティの高さ。時間制限があるゆえに過渡ののめり込みを防げるetc…

ここにパチンコのメリット…機械遊戯故にディーラー人員とか最小限で済む、時間が来たらすぐに抜けられる、設置場所を食わない、運用ノウハウはイヤってほど溜め込まれてる…etc

大したものもない免税土産店とか作っているぐらいなら暇つぶしのゲーム提供して小銭回収しましょうや。もちろん各国通貨対応で帰国する日本人もターゲットに。

日本の思い出が「空港に変なピンボールみたいなのがあってさ、あまった小銭で遊んだら大当たりさ!旅費も全部回収できてハッハッハ!また来たいよ!」でもいいじゃないですか?

 ラスベガスは空港内にスロットありますからね。別に「前例がない」ってことでもないでしょうし。