読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバーカード

マイナンバーカード(通知じゃない方)

だいたい一人発行に最低10分ぐらいかかり、窓口は2つしかなく、また専用というわけではないので、一時間に発行できるのは10枚ぐらい、一日絶え間なく発行しているわけではないので、一日8時間で50枚いけばもうグッタリぐらいだろう。

となると、一週間で250枚、一ヶ月で1000枚、年間で12000枚だ。

ちなみにウチのところは人口30万ぐらい。

つまり、今の窓口発行体制で発行可能なのは物理的に10年で12万枚程度。20年かけても全員分は無理ということに。まあ30年はかかるかな。

もちろん、最初から全員に発行する気はないわけで、なので希望者のみとなっているのだが、10年かかっても30%、1年だと3%だ。問題はそれが限界値ということだ。

住基カードの普及率が5%ぐらいと聞いたが、物理的にもそんなものだったので、おそらくそれが想定枚数なんだろうなあ。

ただ、盛大にPRされたり、労働に直結することもあって流石にその想定は甘いんじゃないかと思う。

この人数をさばこうと思ったら、パスポートセンターや免許センターなみの施設がないと無理だな。

マイナンバーカードそのものの是非は別として、今の体制をみるに、発行側は「その程度のものだと考えているのだ」ということは読み取れるし、単純計算でもいろいろと見えることはある。